Homeお知らせ > 小雪沢駅100年記念・缶バッジプレゼント!

小雪沢駅100年記念・缶バッジプレゼント!

ファイル 2015-10-15 16 44 42現在レールバイクを運行しています、常設区間(長木渓谷コース)の途中に、昭和36年まで「小雪沢(こゆきさわ)駅」がありました。小さく低いホームがわずかに往時の名残りを留めるだけとなっています。

この小雪沢駅が10月20日で開業100年を迎えることから、大館・小坂鉄道レールバイクではこれを記念して駅名板を設置すると共に、10月17日(土)からレールバイクに乗車いただいた方・先着100組様に缶バッジ(直径約55mm)をプレゼントいたします。(レールバイク1両に1個。但しお子様は全員に進呈。無くなり次第終了いたします。)缶バッジは当時の電気機関車と蒸気機関車をモチーフにしています。

 

山あいの小さな駅ですが、かつてこの駅から小坂駅までが電化区間、大館駅までが非電化区間で、電気機関車と蒸気機関車の付け替え駅でした。その後小坂線全線が国鉄と同じ軌道幅(1,067mm)に改軌、車両もディーゼル化されたため、電化から非電化へと変遷した極めて珍しい駅で、自前の発電所を所有していた小坂鉱山の凄さを感じる駅でもあります。

また大館市名誉市民である山田敬蔵氏が1953年にボストンマラソンで優勝したことをテーマにした映画『心臓破りの丘』(1954年大映)の冒頭で、小坂駅として設定されたシーンにも使われ、俳優・宇野重吉氏が蒸気機関車に乗っている姿が見られます。

 

大館・小坂鉄道レールバイクでは、今後も、こうした忘れられつつある小坂鉄道や沿線の歴史にも光を当てていきたいと考えています。

長木渓谷の紅葉も見頃となりました。常設コースの運行は11月8日(日)までとなっていますので、多くの方に訪れていただければ幸いです。

 ※10月20日は定休日で、イベント等はございません。




Copyright ©2014-2017 NPO法人大館・小坂レールバイク, All Rights Reserved.