Home旅の物語

旅の物語

そこに線路があったなら、ちょっと歩いてみたいと思ったことはありませんか。
都会では無理でも、ローカル線の錆びたレールの上を、体操選手みたいにヤジロベエみたいにバランスをとって歩いてみる…
田舎の小さな駅の片隅に打ち捨てられたようにおかれたトロッコ。いたずらで乗って怒られたりして…
少年時代をテーマにした映画に登場するような、そんなシーンになぜか心惹かれる時があります。
時代の流れは時に駆け足。百年の役目を終えたレールが「あの頃」にあなたを誘います。
ここにはいつの時代も真っ直ぐ生きてきた人々の息づかいが伝わります。

top1鉱山と森林の物語
鉱山開発も林業も時代の流れの中で大きく姿を変えましたが、小坂鉄道は地域の歴史の生き証人。

top2小坂鉄道沿線探検
米代川北岸の各集落の入口などに祀られている道祖神「ドジン様」、秋田フキの発祥の地とされる「秋田蕗発祥の碑」、夕陽を浴びると金色に輝くとされる幻の秋田杉「蒼弥白」、「雪沢の蕎麦文化を後世に伝えたい」と有志が取り組む「雪沢新そばまつり」…小坂鉄道沿線を探検してみましょう。

top3おおだて街歩き
どことなく昭和の香りが残る大館の街。
鉱山や林業華やかしき頃の面影はだいぶ寂しくなったけど、人情は健在。
ふらっと歩いて声を掛ければ、懐かしい大館弁に会えることでしょう。




Copyright ©2014-2017 NPO法人大館・小坂レールバイク, All Rights Reserved.