Home 旅の物語鉱山と森林の物語

鉱山と森林の物語

kouzantitle1

kouzan01秋田県の近代の歴史を今に伝える小坂鉄道

秋田県の近代を語る上で、鉱山と林業の興隆を抜きには出来ません。大館市や小坂町を中心とした県北部では、時代が変わった今でも人々の生活はその流れの中にあるといっても過言ではないでしょう。
小坂鉄道は、東洋一の銅山と言わしめた小坂鉱山の産出物輸送を目的に明治41(1908)年に開通。この地域は小坂のみならず、花岡、深沢、餌釣、鹿角市では尾去沢など全国屈指の地下資源に恵まれた地域でした。

小坂鉱山は1816年に開発が始まったとされ、その後南部藩から藤田組に払い下げられましたが、明治25(1892)年頃からそれまでの「土鉱」の埋蔵量が枯渇しはじめた事などから、土鉱よりも地下にある「黒鉱」と言われる(写真右:小坂鉄道開通前は鉄索で奥羽本線白沢駅まで鉱石を運んでいた)。

kouzan02 しかし黒鉱は有価金属を豊富に含有するものの、不純物も多く今でもその製錬は難しいものだと言われます。その技術開発に挑戦したのが藤田組の創始者・藤田伝三郎の甥の久原房之助です。久原は黒鉱の製錬技術を確立した後、日立鉱山(茨城県)の経営に取り組み、久原鉱業(後の日本鉱業、現在のJXホールディングス)を設立。更に現在の日産自動車、日立製作所へと繋がっています(写真左:小坂鉱山の黒鉱。表面にさまざまな金属が表出している。全体に黒みを帯び、持つとズシリと重く、普通の石と違うことがわかる)。

kouzan03 黒鉱の製錬技術を得た小坂鉱山は事業を飛躍的に伸ばしますが、その凄さは小坂鉄道の歴史からも分かります。明治の開業当初は蒸気機関車による牽引だったものの、昭和2(1927)年には鉱山の発電所の余剰電力で小坂駅から茂内駅までが電化、昭和24(1949)年には小雪沢間までが電化区間が延伸しました。(写真右:昭和初期のガイドブック「十和田湖と小坂鉄道」(一部)。地図に「小雪沢駅」が見える)。

なお昭和37(1962)年まで、電化区間と非電化区間の結節点として、小雪沢駅が中継基地としてありました。

小雪沢駅は昭和28(1953)年にボストンマラソンで優勝した山田敬蔵さんをモデルにした映画「心臓破りの丘」(大映・1954年)のロケ地としても使われたほか、レールバイクのコース途中に草生したかつての低いホームを観ることができます。

過去から現在、そして未来へ

kouzan04a この地域では温泉施設が多く、地元では銭湯のように気軽に楽しめるものとして安価な料金で利用されています。その多くは地下資源探索のボーリング調査の副産物です。その他にも地域性や生活の隅々にまでそうした産業があった断片を垣間みることができます(写真右:かつての新沢駅。右側に森林鉄道が延びる)。

kouzan04b また日本三大美林と謳われた秋田杉も、小坂鉄道沿線の長木沢国有林などから伐り出され、大館市は集散地としても有名でした。しかし時に鉱山と森林の関係はトラブルになることもありました。

明治34(1901)年頃に煙害が発生し、山の木を枯らしてしまったのです。しかしその後、緑化事業としてニセアカシアが植栽され、現在では純度の高いはちみつのみつ源となり全国から養蜂家を集めているほか、毎年6月には「小坂アカシアまつり」が開催されています(写真左:アカシアの花と康楽館。アカシアは白い花が一般的だが、ピンク色のものも)。

鉱山開発も林業も時代の流れの中で大きく姿を変えましたが、鉱山は金属/土壌リサイクル産業へ、林業も新建材が生産されるなど成長を続けています。

そうした地域の歴史の生き証人が小坂鉄道であり、私たちはこれを廃線として朽ちさせて「記録」に残すことより、活用策を模索し「記憶」として残す道としてレールバイクを走らせています。




Copyright ©2014-2017 NPO法人大館・小坂レールバイク, All Rights Reserved.