鉄道の線路の上を自転車のように漕いで走る乗り物です。

元々は保線用の「軌道自転車」をイベント等で使用したものと思われますが、廃止になった線路の活用策として、ヨーロッパをはじめ世界中に同様のものがあります。

日本国内では、北海道や岐阜県などで運行されていますが、レールバイクに取り組む人たちが増えています。

小坂鉄道でのレールバイクは、地域活性化を目的に製作された映画「ハナばあちゃん!! 〜わたしのヤマのカミサマ〜」※(平成23年公開)に、地域資源を活用した取り組みとして登場しました。

「ここには何も無い」という地元の人々の言葉に対してのアンチテーゼとして、「レールバイクもある!」と登場するのが小坂鉄道を走るレールバイクです。

当初は映画ロケのためだけの架空の観光資源だったものの、映画公開後まもなく発生した東日本大震災の影響で順調に推移していた映画プロジェクトが頓挫。被害の少なかった秋田県内でも観光客が激減する中、県、市、町などの協力を得ながら、平成23年10月に観光庁社会実験として体験イベントを初実施。廃線後の活用が模索されていた小坂鉄道の現実的な提案として、大きな期待と注目を集めました。

その後、社会実験実行委員会をNPO法人に再編、年数回のイベントを経た後、平成25年8月から現在地で常設運行を開始、現在に至ります。

近年は海外から来訪される方もある程の人気の体験観光になっています。

 

※ 映画「ハナばあちゃん!! 〜わたしのヤマのカミサマ〜」(製作:おおだて映像計画LLP)
ハナばあちゃん!! 予告編にレールバイクが映っています。